このブログは主に、JAVA版マインクラフトについて取り上げていますが、今回は番外編でSteamの『アニマル・レボルト・バトル・シュミレーター(Animal Revolt Battle Simulator)』を紹介したいと思います!

というのも、このブログのネタ元である息子が、最近このゲームにハマっているそうで(ブログの危機www)、ぜひ楽しさを知って欲しいそうなのです(#^.^#)

きっかけは、YouTuber・実況者ねが本拠地さんの動画を見たこと。

最強ゴジラ VS 最強ゴーレム 戦わせるゲームが面白すぎるww

YouTube 実況者ねが本拠地 さんより

マイクラで普段、モブ同士を戦わせて遊ぶのが好きな息子のツボにぴったりとハマった模様。

MODを入れることもできて、バニラ(素の状態)以外のキャラでも遊べます。しかも、自分でパーツを組み合わせてキャラを作成することもできるのです! ← 親の目から見ても、これは楽しそう^^

ただ、このゲームは無料で遊べるものではなくて、Steamのサイト上で有料で販売されているゲームとなります。わが家は、定価の1600円で購入しましたが、「400円でダウンロードできた!」なんて話も…。

アップデートの時期に合わせて、少しお得な価格設定になることがあるのかもしれません。

ARBSのアップデートと言えば、つい先日、ロボットベースに部品が追加されていましたね★

また、まもなく訪れるハロウィンでは「ヘッドレス・ハルク」が、クリスマスには新しいバイオームとキャラが追加されるそうですよ!

Googleで検索すると色々な方の実況動画が出てきますので、初めて知ったという方はチェックしてみるのも良いと思います~♪

なお、購入には、Steamのインストール&アカウントが必要です(ウェブサイトはこちら → https://store.steampowered.com/ )。では、ゲームを起動していきます。

まず、遊び方を選ぶ画面が出てきます。黄色く囲った方は、ミッションをクリアしてゲームを進めていく感じ。赤で囲った方は、自分が選んだり、作ったりしたキャラで遊べます。それこそマイクラのように、自由度の高い遊びができます。

今回は、赤枠・サンドボックスの方をやっていきますね。風景を選ぶシーンは、さながら、スマブラのようです(笑) ← 全然違うwww

どのキャラを戦わせるか、選択できる画面があります。

遊びたいキャラが決まったら、チーム分けをしてバトル開始!

こんな感じで、オリジナルのキャラを作ることもできます。とりあえず、象の顔と恐竜のボディ、羽と腕を合成。

人間約10体とのバトル、勝利するのは・・・?!

人間の勝ちでした^^ 日本語の設定は、若干文字化けしていますが、まぁ、許容範囲。

ちなみに変更方法は以下の通りです。「SETTING」→「GAMEPLAY」→「LANGUAGE」のところの三角ボタンを押すと言語の設定を変えられます。

MODの導入方法も紹介しますね。

『アニマル・レボルト・バトル・シュミレーター(Animal Revolt Battle Simulator)』のMODはSteam上で簡単に入れることができます。

早速、ウェブサイトにアクセスします(ログインしてくださいね)。コミュニティ → ワークショップの順にクリック

右の検索窓で、「Animal Revolt Battle Simulator」を検索します。すると、こんなページが現れます。

気になるキャラを選んだらクリックして開き サブスクライブを押します。

この後、ゲームを立ち上げれば、自動的に反映されます。また、MODのダウンロードは無料です!

ゲームの購入にお金がかかるので、「ぜひっ!!」とは言い難いのですが、もし興味が湧きましたらやってみてくださいね!(^^)/

YouTubeにも色々な方が実況動画をあげているので、チェックしてみるのも良いと思います~。

最後に一つ、Steamから注意喚起が出ていました。

App Storeに、このゲームのモバイル版を装ったアニマルバトルシミュレーター:ヒューマンズというゲームがあるそうですが、これは公式モバイル版ではなく盗作ゲームで、誤ってダウンロードしないようにご注意ください、とのことです。

では~!